損害賠償の内容


それでは、実際に弁護士に相談することによって、交通事故に対して行うことができる損害賠償の請求についてはどのような内容のものがあるのでしょうか。ここでは、実際に損害賠償請求を行うことができる内容について簡単に紹介します。

損害賠償まず、治療に掛かる費用というのは基本的にその全額が損害賠償の請求対象となります。事故によって負った傷がどのようなものであるのかによってこの費用はもちろん左右されることになります。ただ、これはあくまでも医師によって指示された治療の費用を請求できるというものです。例えば医師の指示とは別に自分が個人的に行っているマッサージの料金や、温泉療養による料金などについてはこの損害賠償の対象としては扱われないことになります。また、症状固定後の治療費についても損害賠償の請求対象ではなくなります

さらに、慰謝料が発生します。慰謝料というのは精神的苦痛に対する損害賠償であるため、こちらについても損害賠償の一種として考えて良いでしょう。こちらについては傷害慰謝料と、後遺障害慰謝料という2つの種類が存在しています。後者については事故によって後遺症が残ってしまった場合に発生するもので、等級によって金額が変わります。

ue reading »',

弁護士に無料相談


弁護士に依頼する、ということになった場合、大きな費用が必要になるのではないか、というように不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。初めて弁護士を利用するという場合については、やはり分からないことが多い方も多いでしょう。それでは、どのようにして弁護士に対して依頼を行なうことができるのでしょうか。

無料相談こんな時に利用することができる方法の一つとして、無料相談があります。弁護士によっては自分の事務所で無料相談窓口を用意していることがあります。その場所でどのようなことについて損害賠償を行いたい、というように相談することで、法律上の相談に乗ってもらうことができるのです。

弁護士は法律の専門家であり、同時に判例についても調べることができる人たちです。そうであることを考えると、どのような対応を行なうことができるのか、詳しく知りたい場合には頼りにできることが分かるでしょう。相談を通して実際に損害賠償請求を行うことができるのかどうか、できる場合についてはどの程度の金額で請求を行うことができるのか、ということを聞くことができるでしょう。これらに応じて、その後の対応について考えていく事が可能になるため、大きな道標となります。

ue reading »',

交通事故被害にあったら弁護士に


普通に生活をしていたとしても、何かしらの被害を受ける可能性というのは捨てることができません。特にそんな被害の中でも、受ける可能性が高いものとして存在しているのが交通事故被害です。もし自分が交通事故の被害者となってしまった場合、どのようにして対応を行えば良いのでしょうか。そして、自分がするべきこと、できることにはどのようなことがあるのでしょうか。ここでは、もし自分が交通事故被害にあってしまった場合のことを想定し、知っておきたい情報について簡単に紹介します。

交通事故被害まず第一に、交通事故被害に遭った場合、交通事故を起こした人に対して民事による賠償金の請求を行える、ということは知っておくべきポイントの一つとなるでしょう。基本的に交通事故というのは刑事罰の対象であるということもあり、その状況に応じて刑事で裁かれることになります。ただ、これとは別に民事による請求も行うことができる、ということです。交通事故には多くの損害賠償の種類が付随しており、それぞれについてどのような内容であるのかを知っているかどうかによって実際に事故被害似合った時にできることが違ってくるでしょう。

ただ、これを細かく自分だけで把握するのは難しいことです。実際に訴訟になる場合もあり、その場合も単独でするのはやはり難しいと言えるでしょう。そういったことを考えると、事故にあったら弁護士のような法律の専門家に相談をするのも方法の一つとなります

ue reading »',